• ホーム
  • なぜ包茎の人はカンジダ症が発症しやすいのか?

なぜ包茎の人はカンジダ症が発症しやすいのか?

性感染症の一つ・カンジダ症は膣カンジダという別名があるように女性にポピュラーな病気です。
5人に1人の女性は経験があるということですから、その割合は高いです。
しかしながら決して女性だけの病気というわけではありません。男性感染者だっているのです。
カンジダ症の原因はカンジダ菌、真菌というカビの一種です。
こちらは健康な人であっても常に膣内や腸管にある常在菌のため、性行為をしなくとも免疫力が落ちたときには増殖して症状を起こしやすいです。
女性たちも仕事に育児に家事にと忙しい毎日を送っています。
毎月の生理や妊娠によりホルモンバランスを大きく崩すときもあります。
そのため、何度も再発する方だって多いのです。
できれば治療薬を常備しておいて、症状が軽い段階ですぐに服用できるようにしておいた方がよいでしょう。
もちろん、免疫力を上げるために規則正しい食生活を心がけることも肝心です。
少ないとはいえ、性病の一つである以上は性行為が原因で感染することもあるため、パートナーがカンジダ症になったのであれば、特に症状を感じていなくとも男性の方も一緒に検査を受けた方がよいでしょう。
ちなみに、性器にかゆみが出たりヨーグルト上のおりものが増えたりといった症状がカンジダ症の特徴です。
男性側にカンジダ症患者が少ないのは、ペニスが体外に突出した構造のため菌が増殖しやすい環境が作られにくいからです。
ただ下着をなかなか替えないなど不衛生にしているとペニスが汚れて菌が増えてしまう危険性だってあります。
それに、包茎の方の場合には菌が増殖しやすい環境が作られやすく、特に性交渉で移されなくとも自身の常在菌であるカンジダ菌が原因で発症することだってあるのです。
同じくペニスの辺りにかゆみやただれや、白いカスが出るようになったり、包皮との付け根当たりが赤く腫れ上がったり、排尿痛を感じたりなど。
そんな症状を感じたら発症している可能性は高いのですぐに検査を受けるようにしましょう。

カンジダ菌が増殖しやすい環境は「高温多湿」

カビの一種である以上、カンジダ菌が好むのは高温多湿の環境です。
女性の膣内はそうなりやすいためちょっとした免疫力の低下ですぐに発症してしまうのです。
一方の男性も、包茎、それも包皮を完全に被った真正包茎ともなると包皮の中は高温多湿の環境となっています。
汚れもたまりがちです。
小さなうちは男の子は誰でも真正包茎ですが、年齢を重ねていくと次第に包皮が剥けていくものです。
ずっとそのままの状態なのであれば何らかの対策を考えた方がよいかもしれません。
真正包茎のままのペニスは雑菌やカビ・ウイルスが繁殖しやすくなります。
カンジダ症から、亀頭包皮炎などの病気が発生し痛みや痒さに苦しめられることになるでしょう。
亀頭包皮炎だと苦しむのは自身だけですが、カンジダ以外にもさまざまな性病を引き起こしやすくなりますし、パートナーがいる場合には移しやすくなるのです。
ヒトパピローマウイルスにより子宮頸がんのリスクを高めることもあります。
正常なセックスができなくなり自身にコンプレックスを持つことになりますし、もしもセックスしたとしても自身もパートナーも傷つけることになります。
ちなみに男性の70パーセントは包茎だと言われていますが、そのうちの80パーセントは仮性包茎です。
いざというときには剥くことができるので洗いやすいのですが、こちらもきちんと洗うようにしていないと汚れはとれずカンジダ菌が増殖してしまいます。
忙しい毎日を送る中で、免疫力も低下しやすいし身体をきれいに洗う暇もないという状態だとたちまちカンジダ菌に冒されてしまいます。
丁寧な生活を心がけましょう。もしかしてと思ったらすぐに検査です。
治療薬で菌を退治すればすぐに治る病気です。

関連記事