• ホーム
  • デノンシャンプーで脂漏性皮膚炎対策

デノンシャンプーで脂漏性皮膚炎対策

日常生活の中で、家中の特に水回りなど湿気の多いところに、カビが生えその部分が黒くなっているという経験はどなたでもあり、一般的にカビと聞けば、真っ先に思い浮かぶのがこのようなものです。
しかしカビは家や食べ物だけではなく、人間そのものにも常時存在しているものなのです。
普段何気なく生活していれば、自分の頭にカビが生えているなど考えてもみないことであり、そういえば最近やけにフケが出たり頭皮にかゆみがあると自覚症状を感じて、初めて普通でないことに気づくのです。
季節によって乾燥や、或いは反対にじめじめしたり安定していなければ、何らかの理由で不調を感じていると思い、まさか自分の頭皮が異常事態となっているなど、思いもしないことになります。
しかし実際には、誰の頭皮にもカビがいるのは当たり前で、ただ悪さをしていないだけで常時存在しているものです。
代表的なものがマラセチア菌で、それは皮膚常在菌とも呼ばれているもので、誰の頭にも一定量存在している菌の一種なのです。
いつも菌が頭に存在していると分かると、気分の良いものではありませんが、通常の生活をする分には何ら問題がありません。
このマラセチア菌は皮脂を養分としているので、皮脂が過剰に分泌されると、カビもそれに伴って異常繁殖をしてしまうのです。
一旦異常繁殖をしてしまうと、それはそれで困った症状を引き起こしてしまうのです。
カビが頭皮に与える影響も多く、見過ごせない状況になってしまうのです。
マラセチア菌が異常繁殖すると、皮脂を分解して排出する脂肪酸が皮膚に刺激を与えることになり、頭皮環境を悪化させてしまうのです。
異常繁殖した結果表面化する症状はフケやかゆみを伴う炎症で、またにおいも発生することとなります。
頭皮でマラセチア菌が異常繁殖した結果、脂漏性皮膚炎になってしまうことがあるので、菌の繁殖を防ぐために専用のデノンシャンプーを使用することも方法の一つです。

デノンシャンプーの副作用と注意事項

脂漏性皮膚炎になってからでは後が大変なので、症状が出始めた時など早めに処置を施す必要があります。
軽症の場合などは、手っ取り早く自分で行える方法として、マラセチア菌の栄養となる皮脂の増加を抑えることが重要になるために、副作用がない上に菌を抑える専用のシャンプーを使用するのが最も良い方法です。
専門のシャンプーとしてデノンシャンプーは、脂漏性皮膚炎を抑える効果があり、その他の症状にも効果があり使われています。
有効成分のケトコナゾールは、脂漏性皮膚炎の治療に用いられる真菌防止剤になります。
通常は、どこの家でも使用されているような銘柄のシャンプーを使い、いつものように自分で洗髪をしているのが現状で、なぜそのようなことが起きるのか良く分かっていない人が多いのです。
男女問わず髪の状態を気にする人は多いものですが、頭皮を気遣う人というのは、往々にして抜け毛で困っている人だけという認識さえあるものです。
日頃の洗髪方法に問題があると、頭皮環境の悪化を引き起こすのも事実で、その結果頭皮にカビが繁殖する羽目になります。
原因の一つとして頭を洗いすぎて乾燥すると、頭皮を守るため逆に皮脂が過剰分泌されるので、悪循環になる恐れがあります。
デノンシャンプーのような専用のシャンプーは、副作用もなく余分な皮脂を洗い流しつつ頭皮に潤いを与える成分が配合されているために、原因となるものを取り除き頭皮を健やかに保つ働きをしてくれます。
また配合されている有効成分のケトコナゾールは炎症をしずめる働きをして頭皮の炎症を治してくれます。
やはり症状が出た場合は、それなりの効果のあるデノンシャンプーなどの利用で真菌の繁殖を抑える必要があります。

関連記事