• ホーム
  • 女性に多いカンジダ症は「腟カンジダ」

女性に多いカンジダ症は「腟カンジダ」

腟カンジダとはカンジダ菌という真菌によって女性の膣に発生してしまう腟炎です。
カンジダ菌は真菌の一種ですが、健康な人の皮膚や粘膜などに存在しています。
何らかの要因によって皮膚や粘膜に存在するカンジダ菌が異常増殖した場合、腟カンジダを発症してしまうということです。
腟カンジダは一度治癒しても、ホルモンバランスの変化や免疫力の低下などにより、再発してしまうことも多いです。
性感染症と聞くと、性行為や性器の接触によって起こるものだというイメージを持っている人も多いでしょう。
しかし、腟カンジダは性行為や性器の接触だけが原因というわけではなく、ホルモンバランスの変化や免疫力の低下が原因でカンジダ菌が増殖してしまうこともあります。
女性の場合はピルの使用によりカンジダ菌が増殖することもあると言われています。
腟カンジダは放置しておいても基本的には問題ないとされています。
また、自然治癒することもありますが、場合によっては症状が悪化してしまうこともあるので注意しましょう。
腟炎が起こると痒みが発生するため、掻き毟ってしまうこともあるかもしれません。
しかし、掻いてしまうと傷口から細菌が体内に入り込み、二次感染を起こしてしまうこともあります。
そのようなリスクを避けるためにも早めに治療を行うことが大切です。
腟カンジダは再発するリスクが高いとされています。
再発の理由としては、妊娠や糖尿病の発症、体力の低下などといった理由が考えられます。
実際に再発した場合は症状をしっかりと観察し、できるだけ早く病院を受診しましょう。
早めに治療を受ければ症状の改善も早くなります。
腟カンジダを発症するとおりものの状態に異変が起こったり、膣壁の赤みなどといった症状が出ることが多いです。
また、外陰部もカンジダ菌に感染している場合、デリケートゾーンにも症状が出るということです。
内診でおりものを採取してカンジダ菌が検出された場合、腟カンジダと診断されることになります。

腟カンジダの症状と原因

腟カンジダはカンジダ菌の異常増殖によって発生する腟炎です。
この病気の原因としては、疲労やストレス、体力の低下などが挙げられます。
風邪をひいている時や妊娠している時は免疫力が低下しているので注意しましょう。
病気の治療のためにステロイドや抗菌薬を服用している場合、膣内環境が変化することで腟カンジダを発症しやすくなることもあります。
また、カンジダ菌は糖分が多いほど増殖しやすくなるという特徴もあるため、糖尿病の人や甘い物が好きな人などは注意が必要です。
他にもデリケートゾーンが高温多湿の状態になっている場合、カンジダ菌が繁殖しやすいということです。
性行為以外にもさまざまな原因があるため、日常生活の中でも注意しましょう。
腟カンジダを発症すると、おりものが白く濁り、ヨーグルトやお粥のような状態になります。
また、膣内だけでなく外陰部にもカンジダ菌が感染した場合、デリケートの腫れや痒みなどといった症状が出てきます。
慢性化すると外陰部が厚くなり、赤みは消えて灰白色に変化するということです。
腟カンジダを治すためには原因に合わせた治療が必要です。
病院では膣の洗浄を行い、抗真菌薬を膣内に挿入するという治療法が一般的です。
痒みが酷い時には塗り薬によるケアを行うこともあります。
経口剤による治療も行われることがありますが、妊娠中は使用できないので注意しましょう。
また、他の薬との併用にも注意が必要です。
腟カンジダを治すには1週間程度かかりますが、途中で薬の服用をやめると再発してしまうこともあるため、きちんと治療を続けることが大切です。
腟カンジダは再発しやすいため、治療開始から2週間程度したら検査を受けて完治したかどうかを確認してもらいましょう。

関連記事