• ホーム
  • 脂漏性皮膚炎の原因の一つはカビである

脂漏性皮膚炎の原因の一つはカビである

夏になると肌トラブルが増えると言われています。
また、頭皮は紫外線による影響を受けやすく、炎症や湿疹などの頭皮トラブルも起こりやすいとされています。
脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌が多い頭皮などに発生しやすい皮膚炎です。
皮脂にはもともと皮膚や髪の毛を保護するという働きがありますが、皮脂の分泌量が増えすぎるとトラブルの原因になってしまいます。
脂漏性皮膚炎によって炎症が発生した場合、地肌が赤くなったり痒みを伴うこともあります。
皮膚が荒れて剥がれ落ちてしまうこともありますし、見た目が気になってしまうこともあるでしょう。
また、頭皮に炎症が起こるとフケがたくさん出てしまうようになります。
初期症状は他の皮膚炎と似ているため、脂漏性皮膚炎と気づかない人も多いとされています。
頭皮の赤みや痒みなどで悩んでおり、なかなか治らないと感じている場合は病院を受診してみると良いでしょう。
脂漏性皮膚炎は他の皮膚炎とは異なり、カビ(真菌)の一種が原因になることが分かっています。
そのためきちんと治療しないと慢性化してしまうこともありますし、再発のリスクも高まってしまうので注意が必要です。
頭皮にカビがいると聞くと驚く人もいるでしょう。
しかし、脂漏性皮膚炎の原因となるのはマラセチア菌というカビであり、人間の皮膚にもともと存在する常在菌の一種です。
マラセチア菌は皮脂などが多い環境を好むため、皮脂の分泌を正常に保てるようにきちんとケアしましょう。
皮脂の分泌量を抑えたいなら毎日丁寧に洗髪を行うことがポイントです。
脂漏性皮膚炎になると頭皮に症状が出やすいとされており、フケや痒みなどの症状が続く場合は注意が必要です。
洗髪しても何度もフケが出てしまうことがありますし、刺激のある食べ物を食べると痒みなどの症状が悪化してしまうこともあります。
また、男性は脂漏性皮膚炎と脱毛症状を併発することも多いです。
脂漏性皮膚炎と脱毛を併発している場合、通常のフケ用シャンプーだけでは対処できないことがあるため、皮膚科などで検査を受けるようにしましょう。

脂漏性皮膚炎の改善や予防でできることは何?

脂漏性皮膚炎は放置しておくと症状が悪化してしまうこともあるため、できるだけ早く病院を受診することが大切です。
赤みや痒みなどの症状が場合、ステロイド剤と抗真菌剤の塗り薬などを併用して治療をしていきます。
病院に行けないと治らないというわけではありませんが、慢性化しやすいのでドクターの指示に従って治療をした方が良いでしょう。
また、症状が酷くなると治療にかかる費用も高くなってしまいます。
脂漏性皮膚炎の改善のためにシャンプーを変えるという方法もあります。
シャンプーを変えただけで完治させることは難しいですが、肌に合うシャンプーに変えることで症状の悪化を軽減することに繋がります。
シャンプー以外にできる対策としては、普段の生活習慣を改善するのがおすすめです。
特に食生活が重要であり、皮脂の分泌を抑えるためにバランスの取れた食生活を心がけましょう。
脂漏性皮膚炎を改善したい場合や予防したいという場合、甘いものや脂肪分の多い食事を控えることがポイントです。
また、野菜などを食べることも大切であり、ビタミンを摂取することで頭皮に良い影響を与えることができます。
生活リズムが乱れてしまうのも脂漏性皮膚炎には良くありません。
皮脂の分泌量が増えてしまうこともあるため、十分な睡眠を取ることが大切です。
特に22時から2時までは肌が活発に生まれ変わる時期であり、この時間帯にはきちんと睡眠を取るようにしましょう。
脂漏性皮膚炎の改善や予防を考えている場合、紫外線をできるだけ避けることもポイントです。
皮膚が敏感な状態になっているため、炎症や痒みが酷くなってしまうこともあります。
また、ストレスについても頭皮に悪影響を及ぼすため、日頃からストレスを溜めないようにすることが大切です。

関連記事